突然ですが、今までご自身のお店にポーカーマシンの導入をご検討された事はありますか?あるいは導入しているお店を見た事などはありますでしょうか?アメリカンダイナーの様な雰囲気のお店でしたら、もしかしたら見た事があるかもしれないですが、そこまで多くは無いかと思います。外国では、自分のお店に個人のオーナーさんがポーカーマシンを導入しているお店が実はたくさんあります。どちらかと言えばカウンターのあるバーの様なお店で特に多いです。

そんな訳で、今回の記事では、お店にビデオポーカーマシンを導入した方が良い理由をまとめてみました。全くもって興味も無いと突き放さず、一度読んで頂きたいです。そんなあなたも、気が付いた時にはVLTの業者さんを手配しているかもしれません。

お店の利益に大きく貢献してくれる

多くの方にとって、気の合う仲間や同僚達とお酒を飲んだり、お食事をして過ごす時間は何よりも楽しい一時だと思います。次第に酔いが回って宴も竹縄という時、トランプをしたりあるいは腕相撲をしてみたり、何か新しい刺激が欲しくなる時はありませんか?そんな時に、VLTのような刺激的な遊びがお店にあれば、ついつい遊んでみたくなる方も少なからずいるはずです。聞こえは悪いかもしれませんが、酔っているお客さんは、気が大きくなり、もっと楽しんで賭け事に勤しんでくれるかもしれません。ちなみに、最近VLTを導入したお店のとあるオーナーさんは、VLTからの利益だけで店舗の家賃代を毎月賄っている方もいるとか。

とにかく飲食関係のお店においてはVLTの導入はかなり効果が高いと言えます。やはり、お酒の力は大きいなと改めて痛感します。そしてそのお酒がもたらす悩みの種を解決してくれるとも言われています。それはズバリ、“酔っ払ったお客さんのダル絡み対策”です。お店が混んで来ればその分だけ提供しなければならない食事や飲み物の量が多くなりますが、酔っ払ってしまうと、人はどうしても他人を配慮する気持ちが多少なりとも欠落してしまいます。

なんでも人間のようにこなしてくれるような全自動ロボットでも発明されない限り、ひどく酔っ払うと楽しくお酒を飲んだり、他の人に注意を払ったりすることができません。そんな時は、VLTによってギャンブルに時間もお金も使ってもらった方がお店側からしたら良い事づくめではありませんか?そうすれば、シラフの常連のお客様と落ちついてゆっくり話せる時間が生まれるかもしれません。

お店の治安の保持

ギャンブルという枠組みの中でエンターテインメントを提供しようとした場合、近隣のお店や住民の方達とのトラブルになるのでは?そんな心配をされる方は決して少なくはありません。しかし意外かもしれませんが、クラブでの揉め事から近隣に迷惑をかけたり、喧嘩や何かしらの事件に発展してしまう割合の方がギャンブル関連の事例と比べても、実は圧倒的に多いのです。これは警察始め、あらゆる行政機関の共通認識であると言えます。

高い需要

ゲーム感覚で賭け事を楽しめる、そんな気軽さこそが多くの消費者を獲得するための大きなコツの一つだと感じます。そして、コンセプトがシンプルかつクールであることが、現代のS N S社会においても、生き抜くにはどうしても無視できない要素に一つと言えるでしょう。

お客様の年齢層を広げる効果

どんなお店であれ、偏りがちだったお客さんの年齢層を広げたいとお考えの時、今までとは違う取り組みをする必要がありますよね。年齢層によって好みの音楽も違いますし、BGMが気に入らない!と怒り出す年配のお客様もいらっしゃるかもしれません。それがVLTだった場合どうでしょうか?ルールさえしっかりと身に付ける事が出来れば年齢によって生じる問題点はあまり多くないと思います!

集客力Up 

VLTを仮に導入したとしても、マシンに関してお店の方が心配することもそこまではありません。お店の机と同じようにマシンをこまめに拭いたり、不具合が出れば定期的に業者を呼んでメンテナンスをするだけ。あとは、機会からお金を取り出すその時の瞬間を楽しみに待つのみです。単純に利益を生み出す為だけならば、1発大当たりするような革新的なメニューを開発するよりも、もしかしたら簡単かも知れませんよ。